そもそも美容成分とは何?

現在は、美容に気を使う女性を大変多く見かけます。

そして、数多くの美容成分の名前を耳にします。

しかし、そもそも美容成分というのは、一体、何なのでしょうか。

よく耳にする美容成分の中に、天然成分があります。

天然成分とは、自然界にある成分のことです。

ですから、天然成分が肌に良いのであれば、直接、その成分を含んだ植物や食べ物を肌につければ良いじゃないかと思う方もいるのではないでしょうか。

例えば、ビタミンC。

ビタミンCは、シミやソバカスに有効な美容成分とされています。

それなら、レモンを輪切りにして、直接肌の上に乗せれば良いと考える方がいても不思議ではないでしょう。

しかし、レモンを輪切りにして、直接肌の上に乗せている方を見たことはそれほどありません。

以前はいたかもしれませんが、現在では、ビタミンC配合の化粧品を使うのが一般的でしょう。

ですから、美容成分とは、肌に良い成分というのはもちろんのこと、扱いやすい、肌に刺激が少ない、肌限定の良い成分のこととも考えられるのではないでしょうか。

ビタミンCが良いとはいっても、肌に直接レモンの輪切りを乗せたら、刺激が強すぎて、肌が荒れそうです。

コラーゲンが肌に良いとはいっても、豚足ばかりを食べていては、体重の増加に頭を悩ませることになるでしょう。

このページの先頭へ