化粧水と乳液、美容液の効果的な使い方

化粧水と乳液、美容液には、効果的な使い方があります。

化粧品を購入すると、どのように使えば良いのか、その使い方がラベルに記載されているものもあるでしょう。

そのような化粧品は、ラベルに記載されている指示に従って使うと良いと思います。

一般的には、化粧水の後に美容液、その後に乳液という使い方になります。

化粧水で水分を補い、美容液で肌へ栄養を補い、そして、肌に与えたものが蒸発したりしないように乳液でフタをするという使い方です。

化粧品を使っている方の中には、化粧水後に乳液をつけ、その後に美容液をつける方がいるのだとか。

ラベルの指示でそうなっているのなら問題はありませんが、美容液の栄養成分が逃げないように、乳液でしっかりとフタをすることをオススメします。

また、肌が脂ぎっているので油分の多い乳液を使わない方を見かけることがあります。

脂分が多いのですから、脂分を補わないというのは、正しいスキンケアの方法のように思えます。

しかし、脂分が多い肌だからこそ、脂分を補わなければならない場合もあります。

皮脂は、肌内の水分が蒸発しないように分泌されているものです。

そして、肌内の水分が少ないと、その少ない水分が一層蒸発しないように、肌は皮脂を多く分泌します。

また、肌が皮脂の分泌量を上手にコントロールできていないがために、皮脂が多く分泌されている場合もあります。

これらの場合には、皮脂を外から補ってあげて、自分の肌の働きをサポートしてあげてください。

このページの先頭へ