美容成分を肌に補うのは良いことばかりなの?

美容成分を肌に補うのは、良いことばかりなのでしょうか。

実は、デメリットもあるのです。

美容成分を肌へ補っていると、その美容成分が常に補われていないと、肌を美しくキープすることが難しくなります。

美容成分を補いすぎるということは、肌を過保護にしているのと同じなのです。

美容アドバイザーとして活躍されている佐伯チズさんは、肌が充分に潤っていると感じるなら、化粧水をつけないことがあるようです。

肌の状態を見て、化粧水で水分を補うか、乳液で油分を補うかを決めながら、肌ケアするのが良いと考えているのでしょう。

確かに、美容成分をこれでもかと肌に補って、過保護にするのは問題があります。

だからといって、肌に美容成分を補わなくても良いのかというと、そういうものでもありません。

不必要なものを適度に取り除き、補わなければならないものを必要なだけ補うというのが、正しいスキンケア方法でしょう。

ただ、どの成分を肌へ補うのかは、美容成分を理解していないと判断できません。

美肌になりたいなら、自分の肌トラブルに良い美容成分を選び抜き、その美容成分配合の化粧品を使うことが重要になるでしょう。

現在、様々な美容成分が登場しています。

そして、その美容成分の数だけ化粧品が存在しているといっても過言ではありません。

それらの中から、自分の肌にぴったりな化粧品を選びぬく知識が、現在、求められているのです。

このページの先頭へ